手続きの流れ

STEP1

何の在留資格で日本に呼ぶかを検討する!

STEP2

決まった在留資格に合わせて必要書類を準備する

STEP3

入管に申請する

STEP4

結果通知 (郵送で届きます)

STEP5

結果が認定証明書なら STEP7へ

結果が不交付通知なら STEP6へ

STEP6

不交付の理由を入管に確認しに行く

STEP7

認定証明書を本国に送付する

STEP8

認定証明書をもとに現地大使館でビザ申請をする

STEP9

ビザの発給を受ける

STEP10

日本に上陸する

呼寄せ申請から日本上陸までの流れ

認定流れ.bmp

 

  

     上記の図の通り、認定申請から上陸まではにはたくさんの工程があります。

 

   1.認定申請は取得したい日本に来てからの活動内容によって必要な書類は違います。

     活動内容 で主なもの

     調理師   通訳や貿易等国際業務を行う  IT技術者  国際結婚したお相手

     再婚したお相手の連子   日本で働いている外国人の家族

 

   2.結果通知は認定証明書か、不交付通知書のどちらかが届きます。

     不交付の場合は、不交付になった理由をきちんと確認して再申請するのか、

     しないのか判断します。

《認定証明書交付申請》  外国から日本に呼びたいとき!!

  認定証明書.jpg

この認定証明書が申請の時に一緒に出した封筒に入って届きます。

この認定証明書を本国の申請人に送ってあげて、申請人はこの認定証明書とパスポートを持って本国の在日本大使館・領事館に行きます。そしてパスポートに査証を貰って、日本に上陸し空港等で上陸許可を貰います。

(この時に、認定証明書は回収されます。)

有効期限は発行日から3ヶ月間です。3ヶ月の間に入国して下さい。