採用・受入れ・ビザ手続きの手順

        採用をお考えの方は、採用前に以下2点をご確認下さい

       ・食品産業特定技能協議会(仮称)の構成員になる

       

       ・受け入れた外国人の方の支援はどうするのかを決める

            自社で支援 OR 登録支援機関に委託

 

STEP1

面接等により採用する方を決定する

採用が決定したら、契約前に事前ガイダンスを実施したり採用者に健康診断を受診してもらいます

STEP2

特定技能雇用契約を締結する

参考様式を公表予定

STEP3

登録支援機関と契約するか支援計画を策定する

STEP4

必要書類を揃えて「在留資格変更許可申請」

原則 本人が申請

行政書士の取次申請可能、その場合本人が入管に行く必要はありません。

STEP5

審査結果の通知

STEP6

在留カードの受取

特定技能1号の在留カードを受領した日より就労可

 
ひらめき 

留学生を採用する場合、必ずしも学校を卒業している必要はありません。

特定技能1号では家族の帯同はできませんが、留学ビザですでに家族が日本に来ていて「家族滞在」ビザを持っている場合には、その家族は「特定活動」ビザで引き続きの在留が認められる見込みです。

 
ひらめき

登録支援機関と契約する場合、その費用を外国人に負担させる事はできません

 
ひらめき

特定技能1号の在留カードを交付してもらうまでは、現在の在留資格・資格外活動内でしか働けません

 
ひらめき

特定技能外国人を受け入れした後は、随時・定期で届出や報告をする必要があります。