外国人の会社設立

5月12日(水)

 yuka_abatas1.jpg

今日の事務所はクーラーで温度が調節されて、とても快適!!

今日の担当は末吉です。 

 

よく、会社を設立するときに必要な書類を教えてと聞かれます。


会社を作るので、いろんな書類が必要なイメージですが、


なんと書類として必要なのは 「印鑑証明書」 だけ。


日本人なら、区役所に行って印鑑を登録すれば


すぐに印鑑証明書が貰えます。


たぶん登録に50円くらい、証明書もらうのに300円くらいです。



外国人の人も日本人と同様に外国人登録をして


印鑑を登録すればすぐに印鑑証明書が貰えます。



しかーし、



短期滞在で日本に来ている外国人の方はというと、


今は、、外国人登録できるので印鑑証明書もすぐに貰えます!!


今は!今だけ!平成24年7月1日までのいつかまで!




実は、外国人登録という制度はなくなってしまいます。



これを話出すと長くなるんですが、市役所・区役所などで管理している


外国人登録を全て入管で管理するようになることが決定しております。


そうなると、短期滞在の人は住民登録できなくなってしまうのです。


ということは、印鑑証明書もない。




どうしよう、、、、




そんな時は、タララタタラーTp


署名証明書  その署名が○○氏のものである!間違いない!という書類です。


これを印鑑証明書の代わりに使います。




何が、言いたいかというと


今のうちが会社を設立するのは楽チンですよ。ということです。


もし会社設立を検討しているようであれば、


このような周辺の法律改正にも目を光らせて見て下さい!!