1, カテゴリー分けされてます

新しい申請書に変わってから、外国人を受け入れる会社の規模によってカテゴリー分けされ、それぞれのカテゴリーで必要な書類が少しずつ変わります。

まずは、あなたの会社がどのカテゴリーに入るのか確認しましょう!!

 

カテゴリー1 

 @上場している会社

 A保険業を営む相互会社

 B外国の国・地方公共団体

 C国・地方公共団体認可の公益法人

  (特例民法法人)

カテゴリー2  前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表により1,500万円以上の納付が証明された団体・個人
カテゴリー3 

 前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表が提出された団体・個人

(カテゴリー2を除く)

カテゴリー4   上記のどれにも該当しない団体・個人