不許可通知が届いたら〜ビザ認定申請(呼寄せ)の場合〜

不交付通知(文字入り).jpg

 

呼寄せの申請をして手元に認定証明書ではなく、この不交付通知が届いたら、

それは全ての審査が終わって、申請内容からビザの該当性がないと判断されたといいうことです。

不交付通知書には@の所に理由が書いてありますが、詳細がかいてある訳ではないので、その手紙だけで完全に不交付理由を把握することはできません。

 

そこで不交付になった場合は、

 

 STEP1.その申請人を再び申請するのか検討する
yaNFD16_08[1].png
 STEP2.申請するのであれば、入管に不交付の理由を聞きに行く
yaNFD16_08[1].png
 STEP3.理由をクリアできる書類を準備して、もう一度申請する準備をする。 

                                         yaNFD16_08[1].png                                              

 STEP4.再申請を行う

 

一度不交付になってしまうと、次の申請では、不交付になった理由をクリアにし、さらにビザの該当性を立証して初めて許可になります。

逆に、理由も聞かないですぐに再申請しても不交付の理由をクリア出来ずにいつまでも同じ理由で不交付になってしまう可能性があります。

ただ、一人で不交付理由を聞きに行くのが不安な方や、次は専門家に任せたいとご希望のお客様には、不許可理由確認前に事前相談を行った上で、確認していただきたいポイント等を共有して、不交付理由を聞いていただき、再申請のご相談に応じるという事前相談を承っております。

※申請を取り次いでいない申請については、同行して不許可理由を確認することができません。