家族滞在とは

日本で一定の資格を持っている方が、本国の家族を受け入れるときの資格です。

「家族滞在」で家族を呼ぶことができる資格は、

教授(Professor)、芸術(Artist)、宗教(Religious)、報道(Journalist)、投資・経営(Investor/Business Manager)、法律・会計業務(Legal/Accounting Services)、医療(Medical Services)、研究(Researcher)、教育(Instructor)、技術(Engineer)、人文知識・国際業務(Specialist in Humanities)、企業内転勤(Intra-Company Transferee)、興行(Entertainer)、技能(Skilled Labor)、文化活動(Cultural Activities)、留学(College Student)    

です。

※家族は、自分の配偶者(奥さん・旦那さん)、子供

兄弟・姉妹、叔父、叔母、いとこは日本に呼べる家族になりません。

 

短期滞在(Temporary Visitor)や特定活動(Designated Activities)では家族は呼べません。

永住者の家族は、「永住者の配偶者等」や「定住者」の資格で家族を呼ぶことになります。