外食業分野での外国人の受入れ 上限は向こう5年間で53,000人

「特定技能1号」という在留資格が2019年4月より新設され、これまで就労ビザが取れなかった職種で外国人に就労ビザが出るようになります。

 

 具体的に、外食業分野では以下の業務を外国人の方に担当してもらう事ができます

 

 飲食物の調理、接客(ホール)、店舗管理

 

 この他にも付随的に 原料の調達・受入れ、配達作業もできます。

 ※付随業務ばかり行うのはNGです!

 

  1.受入れ可能となる事業者

    日本標準産業分類の 「飲食店」「持ち帰り・配達飲食サービス業」に該当する事業所

    

食堂、レストラン、料理店、喫茶店、ファストフード店、

テイクアウト専門店、 宅配専門店、仕出し料理店などが該当

 

    ひらめき会社様で様々な事業を行っている場合には、事業所ごとに実態を審査されることになり

     ますので、たくさんある事業内容のうち、外食分野の事業所で受入れが可能となる可能

     性があります。

 

 

    ひらめきホテル等の宿泊施設、スパ等の施設の中のレストランでは、直営店かテナントなのかで

     多少取り扱いが事なります。テナントで入っている場合には、該当し、直営の場合には、

     他業務兼業となっているかどうか等の実態によって受入れ可能事業者になるかどうかが

     決まります。